PMS イライラ

PMSでイライラする時の対策について

PMSのイライラ対策003
HOME

女性が生理前にイライラするのは、PMSの可能性



女性が生理前にイライラするのは、PMSの可能性があります。

PMSとは、生理前約2週間に起こる、心と体のさまざまな不調のことで、生理が始まると自然に消えたり、軽くなるのが特徴です。


心の症状としては。


・イライラする
・集中力がなくなる
・不安が高まる
・憂鬱になる
・興奮する
・無気力になる
などがあり、心の症状としては。


・食欲増進
・眠気
・乳房のハリや痛み
・不眠
・下痢・便秘
・にきび
などがあります。


女性ならいくつかは当てはまると思いますが、20〜30歳代の働く女性の約90%以上の人が、こういった症状に当てはまるという結果が出ています。



PMSを自己管理するには、自分がPMSだと認識することが重要で、また自分だけだとは思わず、健康な女性なら誰にでも起こりうるものだと前向きにとらえることが必要です。


そのためにはまず記録をつけ、食生活を見直すことが大切です。


栄養のバランスが偏った食事は、PMSの症状を重くします。

生理前に必要な栄養を意識的にとることでも軽減することができるので、栄養のバランスと食品の組み合わせを考えて摂ることが大事です。


具体的には、緑黄色野菜、海藻類、玄米、種実類などが良いとされています。


逆に砂糖、塩分、カフェイン、アルコール、添加物などは症状を重くするといわれています。



また体が欲求を感じる前に、しっかりとした食事を摂取することも大切です。

1日に3食食べるよりも、1日に5〜6食小分けにして食べると、血糖値を一定に保ち、欲求を感じることが少なくなります。


ビタミンB6を摂取することで、膨満感、空腹感、疲労感、気分のアップダウンなどの症状に有効的に働き、カリウムも症状を緩和するのに効果的です。

食事に積極的にフルーツや野菜を取り入れ、カリウムを多く摂取するのも良いでしょう。



ストレスや緊張、疲労などでこのPMSの症状が強く現れることがあります。


特に働く女性は、残業が続いたり、無理が重なったりすると、集中力が低下し仕事のミスが増えたり、攻撃的になると人間関係にもトラブルが起きることもあります。

ストレスをため込まないように、アロマやハーブなど自分で自分をコントロールできるようなリラックス方法を見つけ、気軽に気分転換できるようにするのもおすすめです。



食事やアロマなどで改善できない場合には、医療機関で治療してもらうのもよいでしょう。


低用量ピルで排卵を抑えると、ホルモンの波が一定になるので、症状が治まることがあります。

完全に症状がなくならなくても、軽減することも可能です。

気になる方は一度受診してみてはいかがでしょうか。



PMS イライラ、PMS イライラ、PMS イライラ、PMS イライラ、PMS イライラ、PMS イライラ、PMS イライラ、PMS イライラ、PMS イライラ、

メニュー




ページの先頭へ

© 2015 PMSのイライラ対策003 All Rights Reserved.